育毛の豆知識

【ハゲは育毛でなくまずは発毛?】その育毛剤は本当に効果が期待できるものなのか

更新日:

ハゲている状態で育毛ってよく考えたら少しおかしい言葉だと思いました。毛がないところから生えさせたいので、ハゲには発毛という言葉が合っています。

このことを色々と調べてみましたら、世に出回っている育毛剤関連には『育毛剤』と『発毛剤』が存在していました。

ミノキシジルやフィナステリドという成分が含有された商品があるのですが、それらが発毛剤であり育毛剤はまた別な主成分のものになります。

出回っている育毛関連の商品は沢山の種類がありますが、その商品は育毛剤なのか発毛剤なのか、どの段階で切り替えたらよいのか、果たして自分には合うのか、本当に生えるのか、初見では疑問だらけでした。

やはり正しい商品知識がないと、ハゲの改善に時間とお金を浪費してしまう恐れがあります。というわけで育毛剤や関連商品がどのようなものなのか調べてみました。

カツラ河童
いろいろありすぎてどれがいいのわかんないよな~
この手の商品はどれも高額じゃ、高いと効くように感じてしまうのじゃよ、実際はどうなんじゃろな?
イクモウ 仙人

ハゲの育毛に効果があると思わさせる商品の実態

抜け毛や薄毛に悩んでいる男性、つまりハゲている人は本格的は薄毛治療を行う前に、ドラックストア等で手軽に入手できる、発毛剤、育毛剤、養毛剤、育毛シャンプーを買うことが多いそうです。

カツラ河童
すでに4種類の薄毛対策商品がでてきたね

商品のほとんどには科学的根拠がなく、薄毛対策としては効果が期待できないものがほとんどです。

全部というわけではなく、フィナステリドとミノキシジルが入った商品は効果が期待できます。こちらの記事が参考になります。

育毛剤は宣伝で毛が生えるイメージを強く植え付けている

CMや広告は何度も目にしたことがあると思います。この商品を頭皮に使用することで髪の毛がフサフサに!といった感じです。

実際には効果が実感できなくても『こんどの商品は今まで違うかもしれない!』と思わせるように、強烈なイメージを植え付けるよう作られています。

ハゲ、薄毛の人のコンプレックスにつけこんでいるわけです。その商品を使えば髪の毛がすぐに生えてくるかといえば、実際は違います。

手軽に購入できる商品で毛がすぐに生えるんじゃったら、まず周囲に薄毛はいないじゃろうな
イクモウ 仙人

医薬品、医薬部外品、薬用、化粧品の違い

発毛剤、育毛剤には医薬部外品とか薬用とか書かれています。他にも医薬品、化粧品と表示がある商品もあります。

一般的なスキンケア商品は薬事法により、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のどれかに分類され効果・効能の範囲が明確に分かれています。

ではそれぞれの違いをみていきましょう。

医薬品・・・病気の治療や改善を目的として医師による処方で管理される薬。臨床試験を経て病気の治療や改善する効果が認められている。効果、安全性、副作用を厚生労働省や都道府県知事が認めている。

医薬部外品・・・医薬品よりも効果が緩やか。厚生労働省が許可した効用のある成分が一定の濃度で配合されている。医薬品とは違い病気の治療効果は認められない。ほとんどの育毛剤は医薬部外品に当たる。

化粧品・・・医薬部外品と比較して、さらに効能や効果が緩やかで、清潔にする、美化する、魅力を増す、髪の毛を健やかに保つなどの目的で使用される、毛髪ケアを目的とした製品。

薬用【分類外】・・・医薬部外品のことを指す。有効成分が少ないため化粧品と同様のものがある。扱いを区別するため「薬用」とつけている。

カツラ河童
なんかむずかしいな~
それぞれの違いの説明なんて製品には書いてないからのぅ
イクモウ 仙人

しっかしと調べないとそれぞれの細かな規定の違いなんて分からないと思います。ほとんどの育毛剤が医薬部外品に該当しますが、これらの規定を読むと、髪の毛が生える効果は保証できませんと言っているようなものなのです。

また医薬部外品には粗悪品も多く、適当な成分構成で製品化しているものもあります。知識がない人からみると、それらしい効果があるように違いない!と思ってしまいがちですが、決してそんなことはないようです。

薬用に関しては化粧品レベルを誤魔化すために、効果を期待できるよう、ただ「薬用」とつけているだけです。

カツラ河童
ゲゲ!つまりほとんどの製品は効果がないってことだよね?
そういうことじゃ、でも売れるから次々と製品化するんじゃ、そういう製品は育毛関連に限らず世の中に多いぞよ
イクモウ 仙人

育毛シャンプーはどうなのか

では育毛シャンプーや育毛コンディショナーはどうでしょうか。薄毛に悩む人によっては効果がありそうに感じ、育毛剤よりは安価になるので購入して使ったりしませんか?

育毛シャンプーは医薬部外品にあたり、普通のシャンプーは化粧品に分類されています。医薬部外品は厚生労働省が許可した効用のある成分が一定の濃度で配合されているものの、数多くある育毛剤と同様、育毛シャンプーはには髪の毛を生える保証はされていません。

普通のシャンプーは髪の毛にツヤを与える、フケやかゆみを抑えるなどの広告表現が可能です。スキンケアの化粧品と同じように、肌に潤いを与えるといったものと同等の成分が入っているのです。

それに対して育毛シャンプーは、成分に育毛効果あるものが配合されているとはいえ、広告表現上では、フケやかゆみを防ぐ、毛髪・頭皮の汚れやにおいを防ぐ、頭皮を清潔にする、などです。

フケやかゆみを抑えるからフケやかゆみを防ぐになった程度で、その効果にはほとんど差はないといってもよく、つまり普通のシャンプーとさほど違いがないともいえます。

ハゲの解消には育毛ではなくまずは発毛です。スキンケアも大切ですが、これらを生えてくることを期待して使用するのはちょっと違うのかもしれません。

カツラ河童
これまた意外な事実だね

薬用シャンプーと呼ばれるのも、髪の毛に良さそうな響きを与えるだけで、育毛シャンプーと同じものを言い換えているだけなのです。

育毛シャンプーは薄毛対策にはなんの効果もありません。シャンプーはあくまでもシャンプーでしかなく髪の毛の汚れをとり、フケの発生を抑えるのに役立つだけなのです。

育毛剤と同じく、育毛に効果がありそうというだけで売れるのじゃ、製品名や呼び名を変え製品は出続けるのじゃ
イクモウ 仙人

まとめ

薄毛、ハゲてしまって毛がない状態の場合、育毛よりまずは発毛させることが必要になります。

もし市販のものを使用するのであれば、育毛剤ではなく発毛剤を選ばないといけません。育毛剤は発毛させる成分は含まれていませんので、ハゲてしまった状態に使用するのは適しません。

育毛シャンプーはより気軽に購入できるかもしれませんが、その効能はフケを抑える程度のものになり、発毛させる成分は含まれていません。

発毛剤は医薬品に分類され、認可された有効成分が含まれています。効能があると同時に取り扱いにも注意が必要で、正しい使用方法を守らないと副作用の恐れも出てきます。

より安全に確実な発毛、ハゲの解消を目指し育毛のステージに進みたいのであれば専門クリニックの受診をが一番といえるでしょう。

以上のことから手あたり次第に商品を試すことは避けた方がよさそうです。

カツラ河童
体験談にもあったけど肌が逆に荒れてしまったなんて人もいたね
販売品の発毛剤は毛は生える可能性はあるからのぅ、じゃが予備知識がなければ途中で断念してしまうじゃろうな
イクモウ 仙人

-育毛の豆知識

Copyright© agaline薄毛解消へ一直線に導きます , 2021 All Rights Reserved.